So-net無料ブログ作成

イノカブトン~ゲルショッカー改造人間第4号 [改造人間]

イノカブトン①.jpg

「イノカブトン」

「仮面ライダー」第83話「怪人イノカブトン 発狂ガスでライダーを倒せ」に登場。
ゲルショッカーが目を付けたとある死刑囚をベースに猪とカブトムシの能力を移植して誕生した合成怪人でした。
イノカブトンには殺人鬼に変えてしまう猛毒ガス発生装置が組み込まれており、その使命はその装置を使って東京都民の皆殺しを目的とした『猛毒ガス東京壊滅作戦』及び仮面ライダーの抹殺でした。
イノカブトン③.jpg

鼻から人間を殺人鬼に変えてしまう黄色い粉状の“発狂ガス”を噴出することができます。
このガスを浴びた者は回りの人間が全て敵に見えてしまい、見境なく殺し合いを始めてしまうという恐るべきもので、更に、犠牲者も口から発狂ガスを吹きかける事が出来るようになる為、犠牲者がねずみ算式に犠牲者を増やしていくという恐ろしい効果を持っていました。

身体を丸めて棘だらけの球体となって体当たり攻撃を喰らわせる「イノカブトン棘車」、額の角で相手を突き刺し止血不能なほどの大けがを負わせる奥の手にして必殺技の「イノカブトン角えぐり」という技を持っており、この技で肉体をえぐられると出血が止まらなくなる恐ろしい武器でした。
イノカブトン⑥.jpg

仮面ライダーに止めを刺そうとした直前に、その強靭な精神力で正気に戻ったおやっさんに剣の一撃を喰らわされ、角を叩き斬られた為に大幅に弱体化しました。

最後の力を振り切り「イノカブトン棘車」で体当たり攻撃を仕掛けますが、最後は「サイクロンアタック」を受けて爆散しました。
イノカブトン⑤.jpg






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

サラセニアン~ショッカー改造人間第4号 [改造人間]

サラセニアン④.jpg

「サラセニアン」

「仮面ライダー」 第4話「人食いサラセニアン」に登場したサラセニア人間とも呼ばれる食虫植物キングサラセニアの能力を移植して制作されたショッカーの改造人間。
人食いサラセニアンの異名も持っていました。

身体に生えた蔦を鞭として使用するほか、食虫植物の改造人間らしく、人間を身体に押し付けることにより、押し付けられた人間を溶かして吸収し、食してしまうことが出来ました。
サラセニアン③.jpg

素体となった「キングサラセニアン」に擬態する能力を持っており、この能力でとある遊園地内の植物園に潜伏し、そこへ訪れた人々を改造人間の製造に必要な人材として、次々にショッカー秘密基地へと拉致する“強制連行”を行っていました。
弱点は寒さに非常に弱いことであり、気温が10℃以下の環境では凍死してしまう脆さも併せ持っていました。
サラセニアン②.jpg

サラセニア(Sarracenia)とは、 北米東部の湿地原産の双子葉植物ウツボカズラ目サラセニア科の多年生食虫植物です。
食虫植物がモチーフだったせいか、知能と言葉が連動せず、言葉を発しない代わりに「エケエケエケ、、、」と唸るなど、気味の悪い雰囲気満載でした。
ショッカー初の植物型改造人間であり、また仮面ライダーが技の名を叫んでライダーキックを蹴り込むことについても初のことでした。
サラセニアン⑤.jpg






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ズ・メビオ・ダ~グロンギ怪人第3号 [怪人]

ズ・メビオ・ダ.jpg

「ズ・メビオ・ダ」

「仮面ライダークウガ」のEPISODE 3「東京」・EPISODE 4「疾走」に登場したヒョウ(黒豹)の能力を持つグロンギ女怪人であり、未確認生命体第5号でした。

人間態は黒い服を着たチャらそうな外見の美女。
ヒョウの身軽さと、変身する前ですら人間を蹴り一発でトンネルの天井に叩きつけるほどの脚力があり、時速270kmの超スピードで疾走します。
鋭いツメを使った目潰しが得意技でした。
ズ・メビオ・ダ①.jpg

グロンギ怪人らしく、誇り高くまた血の気の多い性格で、下等動物である人間にタトゥを触れられたことから、激昂して怪人体となり暴れまわりました。
警察への逆恨みのため都内を走り回って警官23名を殺害、警察車両11台と白バイ8台を破壊して暴れ回りました。
余りの機動力のため、車では到底追いつけなかったものの、トライチェイサー2000を手にした仮面ライダークウガによって廃墟に追い詰められ、最後はマイティキックを受けて壁をぶち抜くほど吹っ飛ばされ、空中で大爆発しました。
ズ・メビオ・ダ②.jpg





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

クワゴ怪人~ゴルゴム怪人第3号 [怪人]

クワゴ怪人⑦.jpg

「クワゴ怪人」

「仮面ライダーBlack」第3話「怪?怪・改造人間」に登場するクワゴ(蚕の幼虫)のゴルゴム怪人。

口からは糸と粘液を放ち、死んだふりをすることで仮面ライダーBlackに不意打ちをしかけ、一瞬だけとはいえ行動不能に陥れるなど智勇併せ持つ優秀な怪人でした。
クワゴ怪人①.jpg

『人類の抹殺・文明の破壊』をテーマ・モチーフとした大神官ビシュムの作品の素材集めのために、ビシュムとの連携攻撃で仮面ライダーBlackを苦しめました。

最後は糸をキングストーンフラッシュではじかれ、ライダーパンチとライダーキックを受け消滅しましました。
クワゴ怪人.jpg

クワゴ怪人⑥.jpg







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

カマギリガン~ドグマ改造人間第3号 [改造人間]

カマキリガン②.jpg

「カマギリガン」

「仮面ライダースーパー1」の第4話「走れ一也!ドグマ死の結婚行進曲」に登場したカマキリの改造人間。

両手に装着された鎌による「死の大鋏クロス」という技が最大にして唯一の技でした。
カマキリガン①.jpg

カマキリガン.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

コウモルジン~ネオショッカー改造人間第3号 [改造人間]

コウモルジン①.jpg

「コウモルジン」

「スカイライダー」第3話「勇気だ!コウモリ笛の恐怖」に登場した蝙蝠の能力を持った改造人間。

「コウモル笛」という特殊な催眠音波を出す事の出来る笛を奏で、人間を催眠状態にして操る能力がありました。
両腕の鋭い爪を使った切り裂き攻撃や口から一瞬であらゆる物を溶かしてしまう緑色の溶解液を吐き出していました。
人間の首筋に噛みつき、吸血行為を行って仮死状態にする能力もありました。
蝙蝠の改造人間だけあり飛行能力がありました、強烈な光に弱いという弱点も併せ持っていました。
コウモルジン.jpg

スカイライダーと激闘を繰り広げますが、「スーパーライトウェイブ」を浴びて怯み「コウモル笛」を落として劣勢となりました。
得意の空中戦へと持ち込み、高所から地面へと叩き落とそうとするも、「セイリングジャンプ」でその目論見は失敗し、最後はその際に一撃を受けて怯んだ隙に放たれた「スカイキック」で地面へと叩き付けられ絶命しました。
コウモルジン②.jpg

コウモルジン⑤.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

サソリ奇械人~ブラックサタン改造人間第3号 [改造人間]

サソリ奇械人.jpg

「サソリ奇械人」

「仮面ライダーストロンガー」第3話「スリラーハウスが子供を呼ぶ」に登場するサソリの能力を持つブラックサタンの改造人間。

サソリ奇械人の右腕は鋼鉄をも容易く切り裂く巨大なハサミはマジックハンドになっており、これを伸ばして遠くの対象を襲撃することが出来ます。
左腕に取り付けられた砲身からは、サソリの毒から制作された強力な麻酔針を発射しました。
設定では頭部から毒ガスを噴射することが出来るとされていたようです。
サソリ奇械人⑤.jpg

物語自体はチンケなもので、見どころもなかった上に、能力がまるでおもちゃのようで見栄えがしませんでした。
もっと胴体的に強さを加えて、見応えのある奇械人を演出して欲しかったですね。
サソリ奇械人①.jpg

サソリ奇械人③.jpg





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

カマキリ獣人~ゲドン獣人第3号 [改造人間]

カマキリ獣人③.jpg

「カマキリ獣人」

「仮面ライダーアマゾン」第3話「強くてハダカで速い奴!」に登場したカマキリに人間並みの知能を植え付けて巨大化させたカマキリ型改造人間。
十面鬼ゴルゴスの“顔岩”の口から吐き出された白い泡から生まれてきました。

両腕の鎌で切り付けて攻撃し、両腕をこすり合わせるかのような動作をする習性を持っていました。
口から吐く白い泡は人間を麻痺させる効果があり、これを敵に吹きかけて身動きできなくさせることが主な特徴でした。
カマキリ獣人.jpg

アマゾンの持っている「ギギの腕輪」を強奪するよう命じられ、さらに人間を襲えばアマゾンを誘き出せるという入知恵をも授かり、行動を起こしました。
おやっさんやマサヒコたちとの交流で、ゲドンに対して戦う意思を燃え上がらせていたアマゾンには全く対打ちできず、連続で「大切断」を受け致命傷を負いました。
それでも果敢に襲い掛かろうと立ち向かうものの力尽き、最後は口から吐き出した泡で自身の体を包み込んで自害したように見えました。
カマキリ獣人②.jpg

カマキリ獣人①.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ヘラクレス~GOD改造人間第3号 [改造人間]

ヘラクレス②.jpg

「ヘラクレス」

「仮面ライダーX」第3話「暗殺 毒ぐも作戦」に登場するギリシャ神話の英雄ヘラクレスを模したGOD神話改造人間。

暗殺に毒蜘蛛を用いて猛毒で人間を溶かしてしまうほか、モチーフとなった英雄ヘラクレス同様にとんでもない怪力がありました。
ヘラクレス.jpg

棍棒と剣で武装し、戦闘時にはこれらと持ち前の怪力を活かして敵を打ちのめす戦法を得意としていました。
GOD機関のシンボルマークがあしらわれた盾を装備している為、攻守ともに隙が無く、タフさも十分でXキックも1発は耐えたほどでした。
怪力だけが英雄ヘラクレスをモチーフとしただけでなく、見た目と違って知略にも耐え、スピード感もありました。
仮面ライダーXを大いに苦戦させたものの、Xキックを2発喰らって瀕死の重傷を負い、それでもなお最後の力を振り絞って襲い掛かるもの避けられてしまい、力尽きて口から泡を吹きながら爆散しました。
ヘラクレス⑦.jpg

ヘラクレス③.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

テレビバエ~デストロン改造人間第3号 [改造人間]

テレビバエ④.jpg

「テレビバエ」

仮面ライダーV3第3話「死刑台のV3」、第4話「V3の26の秘密!?」に登場したハエとテレビの合成デストロン改造人間。

テレビバエの頭部の画面は目の役割を果たしながら、デストロンアジトへの中継機器となっており、画面を通じて相手の性能を分析する能力がありました。
そのTV画面のような眼からは催眠音波を発して、相手を洗脳するどころか、攻撃に転じると殺人音波も発していました。
ハエという小生物も含んだ改造人間でしたから、如何にも重そうだったTVを抱えての飛行能力があたったのも大きな特徴でした。
テレビバエ.jpg

仮面ライダーV3のデータを収集してそれを基に仮面ライダーV3より強い改造人間を作ろうとすることが使命でした。
闘いよりも得た情報と指示による作戦立案と遂行に長けた改造人間だったと思いますね。
テレビバエ②.jpg

テレビバエ⑤.jpg





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog