So-net無料ブログ作成

ドクバチジン~ネオショッカー改造人間第5号 [改造人間]

ドクバチジン①.jpg

「ドクバチジン」

スカイライダー第5話「翔べ 少女の夢をのせて」に登場したネオショッカー改造人間。

武器は口から放つ針で、刺さると麻痺効果があるうえ、爆発力もありました。
ハチの改造人間ではあるものの空は飛ばず、地中から姿を現していたので、地蜂の改造人間と思われます。
ドクバチジン.jpg

人間改造学の権­威・田代博士を、乗っていたジャンボ旅客機ごと捕獲しました。
パイロットや乗員を改造人間用のスペアとして選抜し、不合格になった人間は即処刑して博士を従わせようとしていました。

最後はスカイキックを受け、身体をばたつかせながら消滅しました。
ドクバチジン②.jpg

ドクバチジン③.jpg








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

奇械人トラフグン~ブラックサタン改造人間第5号 [改造人間]

奇械人トラフグン.jpg

「奇械人トラフグン」

『仮面ライダーストロンガー』第6話「ブラック・サタンの学校給食!?」に登場。
毒を持つフグであるトラフグの奇械人でした。

赤い皮膚と鋭い棘を持った体に、感情の変化で膨らむ頬袋を持っています。
棘をミサイルのように発射することができるほか、体内で生成したフグ毒「テトロドトキシン」のカプセルを作り出していました。
奇械人トラフグン①.jpg

電気マグネットで奇械人トラフグン自身の棘が肩に突き刺さり、怯んだところにストロンガー電キックを受け爆死しました。
奇械人トラフグン③.jpg

奇械人トラフグン②.jpg









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

モグラ獣人~ゲドン獣人第5号 [改造人間]

モグラ獣人.jpg

「モグラ獣人」

「仮面ライダーアマゾン」第5話「地底からきた変なヤツ!!」以降に登場した鼻先が花のように開いていた、秘密結社ゲドンによって生み出されたホシバナモグラがモデルの獣人。

「仮面ライダーシリーズ」においては悪の秘密結社の改造人間が、人間側に寝返った改造人間として非常に稀有な獣人でした。
「まさひこ」を誘拐して仮面ライダーアマゾンをおびき出し倒そうとしますが失敗し、日干しの刑で処刑されそうになったところを仮面ライダーアマゾンに救われ、以後は協力者となりました。
モグラ獣人⑤.jpg

モグラ獣人が脱走したことを知った十面鬼ゴルゴスは、口封じ(あわよくばギギの腕輪の奪取)のために次なる刺客・ヤマアラシ獣人を派遣するものの、その作戦の遂行上モグラ獣人はゲドンを見限り、アマゾン側に付くことを決意しました。

「マサヒコ、ラジオ貸せや」
「なんでだよぅ」
「オレも生きていくために少し社会勉強をしなくちゃ、長生きできんもんな」
「モグラがラジオ? 変なの」
この「まさひこ」とのやり取りが非常に印象的なものでした。
モグラ獣人⑥.jpg

積極的に戦おうとはせず、情報を提供したりサポートしたりすることのほうが多く、「まさひこ」とは仲が良く、「モグラ」と呼ばれて慕われていました。

東京を危機に陥れたキノコ獣人の人食いカビの解毒剤を作成するため、カビを入手しようとしてキノコ獣人に接近しますが、その思惑を見抜かれてキノコ獣人の殺人カビを浴びせられてしまい、命を落としてしまいました。
アマゾンたちによって立てられた墓標には、モグラ獣人の頭の形をした模型や、「勇気の士(ひと)モグラ獣人の墓」と刻まれたプレートが添えられていました。
モグラ獣人⑨.jpg

モグラ獣人①.jpg









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

キクロプス~GOD改造人間第5号 [改造人間]

キクロプス③.jpg

「キクロプス」

「仮面ライダーX」第5話「一つ目怪人の人さらい作戦!」で登場した“一つ目怪人キクロプス”とも言われるギリシア神話の単眼巨人キュクロプスをモチーフとしたGOD神話怪人。

骨の形をした棍棒を武器とし、自慢の怪力で敵を叩き潰し、棍棒を投擲して遠くの敵を攻撃します。
キクロプスの顔の中央の一つ眼から発射する「一ツ目レーザー」が最大の必殺技でした。
キクロプス①.jpg

キクロプス⑤.jpg

仮面ライダーXとの最終決戦では、自慢の怪力と一「一ツ目レーザー」で追い詰みますが、最後は「ライドルスティック」で一つ眼を潰され、「一ツ眼レーザー」を封じられて、のた打ち回っている所へ「Xキック」を受け消滅しました。
キクロプス④.jpg

キクロプス⑦.jpg









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

マシンガンスネーク~デストロン改造人間第5号 [改造人間]

マシンガンスネーク⑨.jpg

「マシンガンスネーク」

『仮面ライダーV3』 第5話「機関銃を持ったヘビ人間!」に登場したコブラとマシンガンの能力をもつデストロンの機械合成改造人間。

マシンガンスネークのコブラ型右腕には、アタッチメント方式でマシンガンが隠されており、戦闘の際はこれをはずして露出させて襲いかかります。
また、蛇に化身する能力も持っていました。
マシンガンが最大最高の武器でしたけど、アタッチメントの右腕はこれを外さなくても怪力であり、そのコブラハンドからはコブラの猛毒ガスが発射できたようです。
マシンガンスネーク④.jpg

マシンガンスネークのマシンガンの威力は相当なもので、全身にマシンガンの球の帯が巻き付けられており、戦場の戦士の様でした。
仮面ライダーV3も26の秘密の一つである特殊強化筋肉を発動しなければ、危ないところでした。
マシンガンスネーク⑦.jpg

かなり短縮的かつ凶悪な性格で、原子力に代わる新エネルギー理論”の秘密が書かれたノートの強奪を使命としながらも、その発明者であった博士を取っ組み合いの末殺してしまうという大失態を犯してしまいました。
それでも、その失態はまるで気にせず作戦遂行能力には欠けていたと思わせるほどの性格が災いしていたようです。
マシンガンスネーク②.jpg

自慢のマシンガン攻撃も26の秘密の一つである特殊強化筋肉ではじかれてしまい、V3反転キックで倒されました。
マシンガンスネーク⑧.jpg








nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

イソギンジャガー~ゲルショッカー改造人間第5号 [改造人間]

イソギンジャガー⑤.jpg

「イソギンジャガー」

「仮面ライダー」第84話「危うしライダー!イソギンジャガーの地獄罠」に登場。

イソギンチャクとジャガーの合成改造人間で、強力な牙と触手、背中から出す毒水や瞬間移動を得意とする強力なものでした。
イソギンジャガー②.jpg

また、これまでの改造人間たちとは違い、素体となる人間の頭に変身装置を埋め込んで大幹部ブラック将軍の指示で変身するといった方式を取っていました。
イソギンジャガー④.jpg

瞬間移動の触手隠れや、触手で相手を締め上げる必殺触手締めといった技で仮面ライダーを苦戦させるも、ライダーポイントキックによって頭の変身装置が破壊され無事に元の人間の姿に戻りました。
イソギンジャガー①.jpg

イソギンジャガー.jpg








nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

かまきり男~ショッカー改造人間第5号 [改造人間]

かまきり男⑤.jpg

「かまきり男」

「仮面ライダー」第5話「怪人かまきり男」に登場したショッカーの改造人間。
カマキリの改造人間で、周囲の風景に溶け込む能力や罠を仕掛けるなど蟷螂特有の能力を持っていたみたいです。

残忍かつ用心深い性格の持ち主で、残忍かまきり男との異名を持っていました。
左手はカマキリらしく鎌であるものの、主に鎖鎌を武器にしており、配下の戦闘員も蟷螂拳のような構え取っていました。
また、口から人間を白い糸のような姿にして溶かす毒針を発射することもできました。
かまきり男⑥.jpg

地震学者で本郷猛の友人である雨宮ちか子を誘拐し、彼女に催眠術をかけて本郷猛をおびき出し、脳改造をやり直す必要は無いと称して仮面ライダーの抹殺を図っていました。

仮面ライダーが戦闘員から核爆弾のありかを聞き出したため、慌てて核爆弾のスイッチを押そうとするもぎりぎりでライダーキックが命中し、糸のように溶けていきました。
かまきり男②.jpg

かまきり男③.jpg








nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:blog