So-net無料ブログ作成

メ・ギャリド・ギ~グロンギ怪人第11号

メ・ギャリド・ギ.jpg

「メ・ギャリド・ギ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE 15「装甲」 EPISODE  16「信条」に登場したグヤドカリ型ロンギ怪人。
警察の公式発表では、未確認生命体第24号。

“悪魔の背中を持つ男”という異名の通り、敵や獲物を攻撃する際には、背中を向けて後ろ向きに襲いかかるという風変わりな習性を持ってました。
人間が作った道具では安全ピンに興味を示している様子で、素肌に刺すという奇妙な行動を取った事もありました。
接近戦では、胸の鎖を的に巻きつけ、両手のカッターで敵を切り裂く戦法を得意としているたはずが、両腕のカッターは実はハッタリで、敵の足にしがみつく事しかできなかったようです。

仮面ライダークウガをトラックをバックして轢き殺そうとしますが避けられ、スタンクに突っ込んでしまい、慌てて全速前進して回避するも仮面ライダークウガはドラゴンフォームに変身してトラックを躱します。
トラックを降りて仮面ライダークウガを捜しますが、ドラゴンフォームの素早さに翻弄された挙句ガスタンクに投げ込まれ、あえなく爆死したかに思われましたが、間一髪でマンホールに飛び込んでガス爆発から逃げ込み、下水道を通って逃走し別のトラックを盗んでさらに5人を殺害します。
遅れてやってきた仮面ライダークウガとの再戦では、トライゴウラムの必殺攻撃「トライゴウラムアタック」によってトラックを通じて封印エネルギーを送り込まれ、トラックもろとも爆死しました。
メ・ギャリド・ギ①.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

サボテン怪人~ゴルゴム怪人第11号

サボテン怪人⑤.jpg

「サボテン怪人」

「仮面ライダーBlack」第11話「飢えた怪人たち」に登場するサボテンのゴルゴム怪人。

全身に棘が生えた頑丈なサボテン怪人の身体は、ライダーパンチやライダーキックも通用せず、溶解性の棘や背中から伸ばした蔦で絡めとって仮面ライダーBlackを苦しめました。
サボテン怪人②.jpg

サボテン怪人.jpg

コウモリ怪人と協力して不足しているゴルゴム怪人たちの食料「ゴルゴメスの実」を地上で繁殖させる事を目的としていました。
三神官の口振りでは、前文明を滅ぼす際にゴルゴメスの実の生成に関わっていたようです。

過度の水分に弱いというサボテンの弱点を突かれて川に投げ落とされ、衰弱したところにライダーパンチとライダーキックを受けて消滅しました。
サボテン怪人④.jpg

サボテン怪人③.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ライギョン~ドグマ改造人間第11号 [仮面ライダー]

ライギョン.jpg

「ライギョン」

「仮面ライダースーパー1」第12話「強敵あらわる! 赤心少林拳敗れたり」に登場したドグマのライギョ型改造人間。

拳竜会最高師範・大石秀人という名の男性の姿で暗躍、町の悪人達に制裁を加えることで市民の支持を得、拳竜会を大きくすることを目的としていくました。
正体を現すと口から放つ「ライギョン火花電流」を放つのみでした。
ライギョン④.jpg

ライギョン③.jpg

仮面ライダースーパー1との戦いでは殆ど抵抗らしい抵抗をすること無く、無防備な状態で仮面ライダースーパー1の「閃光キック」で呆気なく倒されました。

実はライギョンの体内には“悪魔の生まれ変わり”といわれ恐れられるドグマ超A級怪人・ギョストマが潜んでおり、ライギョンの真の使命は、打倒仮面ライダースーパー1の為に彼の放つ技を全て自身に受ける事で、体内に潜んでいるギョストマへ仮面ライダースーパー1の技を全て見切らせる為に捨石になる事でした。
ライギョン①.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

サンショウジン~ネオショッカー改造人間第11号 [改造人間]

サンショウジン③.jpg

「サンショウジン」

「スカイライダー」第11話「サンショウジン!地獄谷の脱出」に登場。
出来の悪い相撲取りの弟子を素体に、アリコマンドが山中で捕まえたサンショウウオの能力を移植して誕生したネオショッカーの改造人間。

水のある所であればどんな所にも神出鬼没に現れる能力を持ち、戦闘時には鞭を片手に勇猛果敢に敵に挑んで行きました。
鞭を相手の首に巻き付けて締め上げる「窒息締め」という技があったようです。
サンショウジン①.jpg

サンショウジン④.jpg

スカイライダーとの激闘の末に最後は『スカイキック」を頭部に受け、子供たちの訓練用の高圧電流が流れるハードルに激突し感電し、その体は青白く光りながら消滅しました。
サンショウジン.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

奇械人カメレオーン~ブラックサタン改造人間第11号 [改造人間]

奇械人カメレオーン②.jpg

「奇械人カメレオーン」

「仮面ライダーストロンガー」第11話「カメレオーン!悪魔のフィルム!?」に登場したブラックサタンのカメレオン型改造人間。

戦力は左腕に取り付けられたノコギリと、鞭としても使用可能な尾っぽから射出する毒液で、そ保護色を使って姿を消す能力もありました。
また、自分自身が映されたフィルムを通じて神出鬼没に実体化する能力も持っているようでした。
奇械人カメレオーン④.jpg

奇械人カメレオーン③.jpg

戦闘の最中に奇械人カメレオーンの毒液を浴びて一時的に見えなくなった仮面ライダーストロンガーを挑発するなどして屋上からの転落死を企みますが、最後はその直前でなんとか視力を回復した仮面ライダーストロンガーの放った決死の「ストロンガー電キック」を受け爆死しました。
奇械人カメレオーン⑤.jpg

奇械人カメレオーン⑥.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

獣人カタツムリ~ゲドン獣人第11号 [改造人間]

獣人カタツムリ①.jpg

「獣人カタツムリ」

「仮面ライダーアマゾン」第11話「金色のカタツムリは死神の使い?!」に登場。
十面鬼ゴルゴスが、アマゾンからギギの腕輪を奪い取る為に解き放ったカタツムリに、人間の知能を植え付けて等身大の大きさにしたゲドンの獣人でした。

金色のカタツムリに変身する能力を持ち、口から人間の体を麻痺させる毒泡は相手から逃げる際の目くらましとしての役割も持ったものでした。
殻は鉄よりも硬くジャングラーの体当たりを受けてもビクともしない程の頑丈さを持ってた上に、緊急時にはこの殻にこもり相手からの攻撃をやり過ごしていました。
殻の頑丈さを利用し、殻にこもったままで相手に体当たり攻撃をすることも可能でした。
獣人カタツムリ.jpg

獣人カタツムリ③.jpg

最後は仮面ライダーアマゾンの猛攻の前に成す術も無くボコボコにされ殻の中へと避難するも、そのまま水溜りの中へと突き落とされ、今までのダメージが積み重なったのかそのまま力尽きて溺死し爆散しました。
獣人カタツムリ④.jpg

獣人カタツムリ⑥.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

水蛇怪人ヒュドラー~GOD改造人間第11号 [改造人間]

ヒュドラ⑥.jpg
ヒュドラ⑦.jpg

「水蛇怪人ヒュドラー」

「仮面ライダーX」第11話「不死身の水蛇怪人ヒュドラー!」に登場したGOD神話改造人間。
海蛇座のモデルでもある九首の毒蛇ヒュドラをモチーフとする改造人間でした。

首を切断されても元通りにくっついてしまう再生能力を第一に、身体を液化させてどんな隙間でも忍び込む能力や柳葉刀、口から噴く青い溶解霧、敵を締め上げる大蛇を使うなど、古来古代戦士をもモチーフとしたような多種多様な能力を持っていました。
ヒュドラ.jpg

ヒュドラ⑧.jpg

ヒュドラ②.jpg

東京都の経済を混乱させる「東京経済攪乱作戦」の実行を任務とし、トカゲを使って日本中の紙幣を強奪していました。
その一環として現金輸送車を襲撃し、一度は仮面ライダーXをも敗走させましたが、その光景を入院中の少年に見られた為、彼のいる病院を襲撃しました。
そこに駆け付けた仮面ライダーXと再戦するも、Xキックを胴体に食らって溶解・爆散しました。
ヒュドラ⑥.jpg

ヒュドラ③.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ピッケルシャーク~デストロン改造人間第11号 [改造人間]

ピッケルシャーク⑤.jpg

「ピッケルシャーク」

「仮面ライダーV3第11話「悪魔の爪がV3をねらう!!」、第12話「純子が怪人の花嫁に!?」に登場。

メキシコ湾で採取されたサメとピッケルの能力を持つ新型機械合成改造人間で、デストロンに拉致され強制的に協力させられている新進の海洋生物学者・中原博士の手により誕生しました。
右腕に埋め込まれたピッケルは一振りで岩を簡単に粉々にするほどの威力を秘めており、これを 人間の心臓を突き刺して殺害します。
このピッケルには1万Vもの電流が流れており、これを相手に向かって発射し敵の目を眩ませながら攻撃できる「ピッケルフラッシュ」という名の必殺技を持っていました。
「ピッケルフラッシュ」は普通に発射するタイプと直接ピッケルを相手に押し付けて電流を流すタイプの2つがあたようです。
ピッケルシャーク④.jpg

ピッケルシャーク⑥.jpg

中原博士からもたらされた情報を元に海底基地へとやって来た仮面ライダーV3を罠に嵌めアジト諸共爆破しました。
その生死を確かめる為に人間態の姿でスポーツ用品店「セントラル」を見張っていましたが、思っていた通り風見志郎は無事だったので、決着を付ける為に近辺の河川敷へと誘き出し最後の決戦へと突入。
激戦の末、最後は「V3反転キック」を受け爆死しました。
ピッケルシャーク②.jpg






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog