So-net無料ブログ作成

ゴ・ガメゴ・レ~グロンギ怪人第16号 [怪人]

ゴ・ガメゴ・レ①.jpg

「ゴ・ガメゴ・レ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE29「岐路」、EPISODE30「運命」に登場したゴ集団で3番目にゲリザギバスゲゲルを開始したリクガメ種のグロンギ怪人でした。
未確認生命体第39号。

胴体の頑丈な甲羅に鎖を締めており、頭部には手拭状の布を弁慶のように巻いています。
身体には球状の装飾品を幾つも付けていました。
装飾品を鎖鉄球に変化させ、投擲したり武器として使用したりしました。
防御力も高く、高層ビルの屋上から転落してもダメージを受けず仮面ライダークウガライジングタイタンの攻撃も耐えていました。
ゴ・ガメゴ・レ④.jpg

ゴ・ガメゴ・レ③.jpg

「アジトとして使用しているカジノのルーレットが示した数字でゲゲルを行う場所を決め、そこへ鎖鉄球を雨の様に降らせる事で標的を大量に殺害する」という実に乱暴なゲゲルを行い、人間だけでなく周囲にも甚大な被害をもたらしていました。
鉄球の一撃はコンクリートをも砕き、仮面ライダークウガタイタンフォームにすらとんでもないダメージを与えていました。

よほど身体の硬さに自信を持っていたのか、ライジングマイティキックを弾き返そうとしたもののその莫大な封印エネルギーを制御できず爆死し、その影響で周囲6㎞が吹き飛んでいました。
ゴ・ガメゴ・レ②.jpg

ゴ・ザザル・バ.jpg




S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ タイタンフォーム

新品価格
¥4,100から
(2019/10/12 11:53時点)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ゴ・ベミウ・ギ~グロンギ怪人第15号 [怪人]

ゴ・ベミウ・ギ①.jpg

「ゴ・ベミウ・ギ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE25「彷徨」、EPISODE27「波紋」、EPISODE28「解明」に登場したウミヘビ種グロンギ怪人でした。
未確認生命体38号。

人間態は黒のチャイナドレスを着た黒髪の女性の姿で、常にショパンのエチュード「革命」の楽譜を持ち歩いていました。
「水のある場所」において両足の装飾品を鞭に変化させ、その先端を標的の心臓に触れさせ、局所的に超低温(少なくともマイナス100度以下)にすることで心臓麻痺を起こすという方法でゲゲルを開始していました。
ゴ・ベミウ・ギ.jpg

驚異的な冷却力を持つ鞭を振るい、「ドラゴン・ロッド」の先端を凍らせて粉砕するなど仮面ライダークウガを翻弄しますが、ライジングドラゴンフォームに変身した仮面ライダークウガには一撃も与えられず、「ライジングスプラッシュドラゴン」を食らい、海に放り投げられ爆死しました。
ゴ・ベミウ・ギ④.jpg

ゴ・ベミウ・ギ③.jpg







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

イワガメ怪人~ゴルゴム怪人第15号 [怪人]

イワガメ怪人.jpg

「イワガメ怪人」

「仮面ライダーBlack」第15話「狙われた怪奇学園」に登場したオオガメをモチーフとしたゴルゴム怪人でした。

人間の本能を露呈させる能力を持ち、カメの怪人だけに甲羅は鋼鉄並みに難く、水中を自在に移動することができました。
戦闘の際は頭部や手足を引っ込めて甲羅へと入り込み、この状態で敵に体当たりする戦法を得意とし、口から火花電流を吐き出して敵を攻撃していました。
イワガメ怪人③.jpg

イワガメ怪人④.jpg

仮面ライダーBlackの攻撃を受けてもビクともしない程に頑丈で、首を引っ込めたりして攻撃を尽くかわし、仮面ライダーBlackを翻弄していました。

弱点は目で、「マルチアイ」でその事を見破った仮面ライダーBlackの急降下パンチを受け首を出したところに、最後は目の部分に「ライダーパンチ」「ライダーキック」を連続で叩き込まれ、爆散しました。
イワガメ怪人①.jpg

イワガメ怪人⑤.jpg




S.I.C.クラシックス2008 仮面ライダーBLACK RX&仮面ライダーBLACK

新品価格
¥4,229から
(2019/8/18 16:22時点)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ゴ・ブウロ・グ~グロンギ怪人第14号 [怪人]

ゴ・ブウロ・グ①.jpg

「ゴ・ブウロ・グ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE25 「彷徨」、EPISODE26 「自分」に登場した「ゴ」に属するフクロウの能力を持つグロンギ怪人で「ゴ」集団のファーストプレイヤー。
未確認生命体:第37号。
フクロウの持つ鳥類屈指の視力と、昼間でも意に関せず飛び回る飛翔能力がありました。
「ゲリ・ザキバスゲゲル」のファーストプレイヤーでもありました。
専用武器は吹き矢でこれを利用して、体内のペリット(猛禽類が食べカスを固めて吐き出す物体)を矢の替わりに発射していました。
超高々度からの正確な射撃により標的を殺害していました。
しかも、その方法は単純に標的を「射抜く」のでは無く、「超高々度から動く標的に弾を打ち込み、弾を心臓の表面で停止させ急性心筋梗塞を引き起こさせて殺す」と云う残酷なもので、知性の高いグロンギ怪人でした。
感覚能力や回復能力も凄まじく、初見にも関わらず、ライジングブラストペガサスの連射に対し回避運動を見せ、 躱し切れずに刻印を打ち込まれた翼を自ら引き千切り逃走していました。
ゴ・ブウロ・グ.jpg

「ゴ」集団のアジトに戻り、傷が癒えるまで本を読んで療養するという余裕綽々な態度を見せ、翼が生え揃った後は再びゲゲルを開始します。

追撃をかけた仮面ライダークウガを吹き矢で撃ち殺そうとしますが全て躱され、初ぼ新フォーム、ライジングペガサスのライジングペガサスボウガンで滅多撃ちにされて空中で大爆発しました。
ゴ・ブウロ・グ②.jpg




S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ペガサスフォーム

新品価格
¥7,732から
(2019/7/13 17:59時点)




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

マンモス怪人~ゴルゴム怪人第14号 [怪人]

マンモス怪人③.jpg

「マンモス怪人」

「仮面ライダーBlack」第14話「マグロが消えた日」に登場。
三神官曰く「最強の怪人」。
マンモスの怪人で全身は体毛で覆われていました。
口から出す強力な冷凍ガスと鼻から撃つ氷柱を武器として使い、鋭い牙と長い鼻、マンモス特有の怪力が特徴でした。
マンモス怪人.jpg

マンモス怪人②.jpg

初戦は、既にカニ怪人を倒し戦力を上げていた仮面ライダーBlack相手に戦闘は終始劣勢でした。
その後、マンモス怪人の戦力を強化する黒松教授特製の「タウリンエキス」により強化され、タウリンエキスの生成に不可欠なマグロの脳味噌を求めてマグロ泥棒を行いました。

タウリンエキスにより強化され、仮面ライダーBlack相手に優勢に戦いますが、やはり肉弾戦では押されていきます。
秘密基地に逃亡し、タウリンエキスをガブ飲みして仮面ライダーBlackに挑みますが、「パワーストライプス」により得意の冷気攻撃を封じられ、左の牙をライダーチョップで折られ、ライダーパンチとライダーキックの連続攻撃で倒されました。
マンモス怪人④.jpg




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

メ・ギノガ・デ~グロンギ怪人第13号 [怪人]

メ・ギノガ・デ⑤.jpg

「メ・ギノガ・デ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE18「喪失」、EPISODE19「霊石」 に登場したキノコの能力を持つグロンギの怪人。
警察の公式発表では、未確認生命体第26号。
口から毒胞子を吐く能力を持ち、毒素で対象の内臓を腐食させる能力がありました。

この胞子で一度はクウガを倒し、(アマダムの判断とはいえ)心肺停止状態まで追いやった強敵。
キノコというまるで戦闘力を感じさせない能力を持つがゆえに、当初は身体も痩せ細っており、あっさり仮面ライダークウガにボコボコにされるなど格闘能力も非常に低かったものの、敵の攻撃を受ける度に体質を変化させる能力を持っており、仮面ライダークウガや警察との闘いを経て、警察のガス弾にもビクともしない体質に変化していきましts。
メ・ギノガ・デ.jpg

メ・ギノガ・デ①.jpg

当初は毒胞子も人間の体温の範囲内(35℃~40℃)でしか活動できず、室外機の近くでゲゲルを敢行していました。
口から大量の胞子を噴出させる広域噴霧も可能でしたが、そちらはガスマスクで対策できる上に、体内の胞子を出し尽くしてしまうと再使用までにインターバルを要するという欠点がありました。
しかし、強化後は温度に関係なく活動できるようになりました。
その威力たるや被害者の身体が溶解し、被害者を搬送した救急隊員にまで二次被害を引き起こしたほどでした。
そのため、息を吐いただけで周囲の人間を殺傷できるようになり、怪人態に至っては口から毒胞子を吐きまくりガスマスク越しに警官を悶絶させる化け物と化しました。

しかし最後は、死の淵から蘇った仮面ライダークウガ(グローイングフォーム)のキックを3発連続で受け、爆死してしまいました。
メ・ギノガ・デ④.jpg

メ・ギノガ・デ⑥.jpg




S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ グローイングフォーム

新品価格
¥2,590から
(2019/6/10 17:09時点)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

メ・ガドラ・ダ~グロンギ怪人第12号 [怪人]

メ・ガドラ・ダ①.jpg

「メ・ガドラ・ダ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE17「臨戦」に登場したメ集団に属する、トラ種のグロンギ怪人。
警察による呼称は「未確認生命体第25号」。

長い髪と傷で覆われた強靭な身体が特徴で、人間態は顎鬚を生やした長髪の男性で、右眼に傷がありました。
メリケンサックと鎖を武器に持ち、何時間の戦闘もこなすタフな体力の持ち主ですが、メ集団では珍しくこれといった能力は見当たりませんでした。
メ・ガドラ・ダ.jpg

「傷の数だけ強くなる」という信条を持っている為、グロンギに共通の再生能力を封印しており、後にこれがガドラの命取りになりました。

仮面ライダークウガとの戦闘ではトライチェイサーの一部を破壊し、夜間まで戦闘を行うなどかなり善戦しましたが、最期は腹部の傷跡にマイティキックを受けて爆散しました。
メ・ガドラ・ダ②.jpg

メ・ガドラ・ダ③.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

カミキリ怪人~ゴルゴム怪人第12号 [怪人]

カミキリ怪人③.jpg

「カミキリ怪人」

「仮面ライダーBlack」第11話「餓えた怪人たち」で先行登場し、続く第12話「超マシン伝説誕生」で速攻で冷凍睡眠から目覚めさせられたカミキリムシのゴルゴム怪人。

口や腹の部分にある顎は、太い電線を簡単に切断できる程に強靭で、巨岩をも容易く両断できる程の切断力がある脱着式の長い触角を、鞭のように使用して敵に襲いかかります。
カミキリ怪人②.jpg

カミキリ怪人.jpg

三神官の命によりコウモリ怪人と共同で大門博士の遺児から、かつてゴルゴムが博士を騙して制作させた文明破壊兵器“ロードセクター”を奪還する使命を帯びていました。

頭の脱着式の触覚が生えていた部分が弱点で、最後は“マルチアイ”で弱点を見抜いた仮面ライダーBlackが弱点部分に「ライダーキック」を叩き込こんで絶命しました。
カミキリ怪人①.jpg






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

グロンギ怪人第10号~メ・ガリマ・バ [怪人]

メ・ガリマ・バ.jpg

「メ・ガリマ・バ」

「仮面ライダークウガ」EPISODE7「傷心」~ EPISODE23「不安」、EPISODE24「強化」に登場したカマキリ種のグロンギ怪人。
未確認生命体第36号。

メ集団が次々に仮面ライダークウガに倒されていく中、武器をザジオに作らせるなどゲゲルの用意を進め、メ集団がガリマのみとなり、ゴ集団が東京に集まる中、ゲゲルを開始します。

殺す方法は、標的と擦れ違い様に瞬間的に怪人体となって武器で斬り付けるというもので、その斬撃は、犠牲者が自らの首を斬られたことに気付かないほど素早く、鋭いものでした。
メ・ガリマ・バに「振り向くな」と言われ振り向くと切断面がずれ、首が落ちてしまいました。
メ・ガリマ・バ②.jpg

ゲゲルの途中でマイティフォームの仮面ライダークウガと交戦、鋭い斬撃で圧倒します。
更にタイタンフォームと激しい交戦を繰り広げ、トライチェイサーを破損させています。
トライゴウラムによる反撃を受けながも、封印の刻印を気合いでかき消し逃走しました。
体力を回復した後、ラ集団にせかされゲゲルを再開。
警察が対策を整えていく中、今度は沢渡桜子が標的にされてしまうが、間一髪で仮面ライダークウガが助けに入り再び戦闘になります。
タイタンフォームとの戦いを有利に進めていくが、仮面ライダークウガが新しい力に目覚め、初のライジングフォームとなるライジングタイタンに強化変身。
斬り殺そうと突っ込んでいったメ・ガリマ・バは新必殺技・ライジングカラミティタイタンに貫かれ、爆死しました。
メ・ガリマ・バ①.jpg







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

トカゲ怪人~ゴルゴム怪人第10号 [怪人]

トカゲ怪人.jpg

「トカゲ怪人」

「仮面ライダーBlack」第10話「信彦はどこに?」に登場したゴルゴム怪人。

怪力の持ち主で、その鋭い爪は鋼鉄を簡単に引き裂き、怪力を活かしての尻尾攻撃で敵を打ちのめす戦法を得意としていました。
また、鋭い牙の生えた口で獲物を強靭な顎の力を使って噛み砕くことも大きな武器でした。
トカゲの怪人だけあって、尻尾は何度切られても瞬時に再生する能力を秘めていました。
トカゲ怪人④.jpg

トカゲ怪人②.jpg

黒松教授が立案した屈強な若者を集めて破壊工作のプロフェッショナルを育成する作戦の補佐を使命とするトカゲの怪人でしたけど、より素体に沿った井出達の怪人でした。

最期は「ライダーパンチ』と「ライダーキック」の連続攻撃を受けて爆散、消滅しました。
トカゲ怪人①.jpg





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog